ドロフィーズへもどる

北欧の色鮮やかなデザインのファブリック。
カーテンやパネル、ポーチやバック等の小物に自由に使う事ができる
使い勝手の良い生地をドロフィーズで2014年春に販売を開始します。

マリメッコをメインとして、シナマークといった北欧ブランドの他にドロフィーズオリジナルの生地や雑貨を販売する通信販売のホームページを2014年春に立ちあげます。
私たちドロフィーズは「古いものを大切に使う」「自然を楽しみゆとりある生活をする」「家族の団らんを中心に考える」といった北欧のスローライフをみなさまにご提案し続けてきました。そしてこの度、北欧の色鮮やかなデザインをあしらった生地を販売する事にいたしました。お気に入りの生地を色々な使い方であなたの暮らしに取り入れていただければと思います。 
 
日本ではカーテンやバック、ポーチといったファブリック製品はすでに出来上がっているモノを買う事が大半です。
しかし、北欧では自分のお気に入りの生地を買い、カーテンやクッションにするといった事を日常的に行っています。 
 
「お気に入りのリビングのカーテン」「壁のスペースを色鮮やかに飾るタペストリー」「マリメッコのウニッコ柄のトートバック」「ダイニングテーブルのクロス」「ソファを彩るクッション」使い方はあなた次第。どのようにでもお使いいただけます。ぜひあなただけのお気に入りの一枚を見つけてください。

生地のご活用方法

「生地を購入したとしてもどうやって使えばいいの?」そんな方が多数お見えです。
自由に自分の好きなようにお使いいただければ良いのですが、以下のような目的で買われる方が多いようです。 
 
「目隠し・ほこりよけに」
プリンタカバー、カフェカーテン、モニターカバー、キーボードカバー etc
「お子様向けに」
通園バッグ、シューズケース、スモック、お弁当袋 etc
「雑貨・小物作りに」
ティッシュケース、コースター、バッグ、パッチワーク、ブックカバー、巾着袋 etc
「インテリアとして」
ファブリックパネル、クッションカバー、ピローケース、座布団カバー、ドレープカーテン、オーナメントetc 
 
手作りで一番人気なのはやはりファブリックパネルという木の枠にお気に入りの柄の生地を貼り付けるものです。
マリメッコのウニッコといった人気の柄の生地でつくるファブリックパネルはお部屋を少し彩るためのインテリアとしても最適です。

生地幅について

・生地の幅は柄やメーカーによって異なります
・生産されたロットによっても数cm変動します
・生地幅には左右両端の耳部分の長さも含まれます 
 
生地の幅は一般的に両端の何もプリントされていない耳部分も含めたサイズ表記が一般的です。
つまり、耳部分を除いた幅が柄がプリントされている部分となり、柄の有効幅となります。
柄有効幅は記載されている生地幅から約4〜10cm程度小さいものとお考えください。 
 
多くの生地は約145cm〜150cm前後の幅ですが、生地幅は生地によって異なります。
また、メーカー公式表示通りに常に寸分違わずに正確なものではございません。
こういったそれぞれ幅があるものとして生地をお選びください。

取扱ブランド マリメッコ、シナマーク
btn1 ドロフィーズパブリックとは

CopyRight(C) マリメッコ、シナマークの生地の通販 DLoFre’s Fabric All Right Reserved.